和暦の暮らし
May 20, 2016

【七十二候から】22 「蚕起きて桑を食う」

【七十二候から】22

「蚕起きて桑を食う」

皆様、おはようございます。

今日は「小満」、そして

七十二候の第二十二候「蚕起きて桑を食う 」日。

「小満」は山海草木、日を浴びて輝きを増していく季節です。

蚕が食べる桑の木も緑を増して柔らかい葉が育ち、蚕がそれをお腹いっぱい食べて育つ頃ですね。

.

.

「お蚕さん」を育てていた日本の環境はすっかり変わってしまいましたね。

日本の製糸業は明治時代に殖産興業として発展し、

日本は1900年頃から中国を抜いて世界一の生糸輸出国になったといいます。

1929年の世界恐慌は、日本の一番の生糸輸出国であったアメリカに変化をもたらしました。

アメリカでは日本の生糸を買わなくなり、代わりにナイロンを自国で作り始めたのです。

低価格で大量生産される化学繊維がいつの間にか市場を大きく変えていきました。

日本から「お蚕さん」を育てる環境がどんどん無くなっていきました。

今では絹糸の多くは輸入に頼っていますよね。

本当に、寂しい限りです。

.

.

こんな嬉しいお話があります。

皇居の紅葉山御養蚕所で蚕が育てられている「小石丸」という蚕の糸の太さが

古代の糸に近いことから、正倉院に保存されている織物の復元に使われたということです。

蚕にも、糸の太さにも、いろいろな種類があるのですね。

.

.

蚕は自分の小さな体を使って、美しい絹糸となる繭を紡ぎ出すって、

神秘的ですね。

.

.

皆様、今日もすべては完璧、大成就でありますように。

被災地の皆様の安寧とご無事をお祈りしております。

*******

写真:日本刺繍家田中京子さんの作品  「帯留」の数々

田中京子さん帯留1

 

May 16, 2016

【七十二候から】21 「竹笋(たけのこ)生ず」

【七十二候から】21

「竹笋(たけのこ)生ず」

皆様、おはようございます。

立夏の末候、筍がひょっこり出てくる頃とされていますね。

でも、皆様ももうたくさん筍を召し上がったと思います。

私も、今年はたくさん筍をいただきました。

筍のお刺身をわさび醤油で、というのも美味しいですね~。

筍ご飯、若筍煮、お吸い物など、

皆さんもきっと楽しまれたことでしょう。

筍ご飯

.

.

春先3月には孟宗竹という種類の筍が旬、

その後、長野県の天龍村では破竹筍破竹筍(はちこ)が、

5月、6月は真竹が旬を迎えます。

筍2

春の味の筍、しばらく楽しめそうです。

季節を味わうって、嬉しいですね。

おかげさまで「和のたしな美フェア」を楽しみました。

ありがとうございました。

http://derivejapan.com/blog/fair/

皆様、今週もすべては完璧、大成就でありますように。

被災地の皆様のご無事を心からお祈りしております。

筍3

 

 

May 10, 2016

【七十二候から】20 「蚯蚓(みみず)出づる」

【七十二候から】20

「蚯蚓(みみず)出づる」

皆様、おはようございます。

「立夏」の次候、みみずが土の中から出てくる頃。

彼らは土を耕してくれる、田畑の優れた住人です。

.

.

さて、初夏の魚「イサキ」。

産卵前の身は脂がのっていて美味です。

厚みのある皮は焼くと旨味が一層増すので、

塩焼きがオススメ。

確かに美味しいです。

お魚屋さんで見つけてくださいね。

.

.

皆様、今日もすべては完璧、大成就でありますように。

被災地の皆様の安寧とご無事を今日もお祈りいたします。

バージョン 2

 

May 6, 2016

【七十二候から】19 「蛙始めて鳴く」

【七十二候から】19

「蛙始めて鳴く」

皆様、おはようございます。

昨日は「立夏」、そして「蛙始めて鳴く)」日。

あちこちで代掻きが始まり、水田に苗が整然と植えられ美しい風景が見えます。

昨夜も蛙たちの大合唱がいよいよ始まったなあと、

田舎の良さを満喫しました。

.

.

昨年のこどもの日には、

父も元気で孫たちを迎え、

みんなで楽しみましたのに・・・。

.

.

でも、父が残してくれた贈り物があります。

それはいつも窓辺にやってくるヒヨドリのつがい。

今日も餌をねだりにやってきました。

父がいなくても、春になると訪れるこのヒヨドリに心熱くなります。

.

.

暖かくなってきたので、今回の連休でやっと仏間を片付けました。

新緑が爽やかな風を運んできてくれ、心もリフレッシュしてきました。

.

.

皆様も心地よい連休をお楽しみくださいね。

P1170325

 

Apr 30, 2016

【七十二候から】18 「牡丹華咲く」

【七十二候から】18

「牡丹華咲く」

皆様、おはようございます。

穀雨の末候「牡丹華咲く(ぼたんはなさく)」の日。

大輪の牡丹の花が咲く頃。

ふんわりとした花びらがなんとも言えない美しさと優しさを醸し出しています。

牡丹の別名は、

「富貴草(ふきそう)」

「百花草」

「天香国色」など。

中国では、花の王さまといわれ愛されてきたそうです。

.

.

幸せいっぱいのゴールデンウィークになりますように。

皆様、今日もすべては完璧、大成就でありますように。

被災地の皆様の安寧とご無事を今日も心からお祈りいたします。

牡丹

 

Apr 25, 2016

【七十二候から】17 「霜止んで苗出ず」

【七十二候から】17

「霜止んで苗出ず」

皆様、おはようございます。

日本の七十二候は、やはりお米の良い生育を待ち望むというのが根本にありますね。

百穀を潤す春雨の候「穀雨」の次候になります。

昨年刈り取った籾(もみ)は、今年の種籾(たねもみ)の苗。

もう霜も降りない頃。

ようやく種籾がすくすくと、青々と育つ時期ですね。

お米は一日に一度は食べたいものです。

お茶碗のお米を一粒でも残すと、おばあちゃんから叱られましたよね。

お米は八十八もの手間をかけて作られたもの。

粗末にしてはばちが当たると。

目が見えなくなると。

今日もたくさんの命に感謝をして、お食事をいただきましょう。

皆様、今日もすべては完璧、大成就でありますように。

被災地の皆様の安寧とご無事を今日も祈ります。

下赤坂の棚田1

 

Apr 20, 2016

【七十二候から】16 「葭(あし)始めて生ず」

【七十二候から】16

「葭(あし)始めて生ず」

皆様、おはようございます。

「穀雨」と呼ばれる春雨が降る頃。

水辺の葦が芽吹き始める頃。

春の雨は作物にとっての恵みの雨ですね。

百穀を潤す百の雨。

穀物を育む雨を「瑞雨」

草木を潤す雨を「甘雨」

春の長雨を「春霖」

早く咲いてと花に促す「催花雨」

菜の花が咲く頃に降る「菜種梅雨」

などなど。

被災地の皆様のご無事を心からお祈りしております。

皆様、今日もすべては完璧、大成就でありますように。

葉の雫1

 

Apr 15, 2016

【七十二候から】15 「虹始めて見る」

【七十二候から】15

「虹始めて見る」

皆様、おはようございます。

今日は、晴明の末候「虹始めて見る」日。

春雨が続いていますが、

春の雨上がり、空を見上げれば虹をいよいよ見ることができる季節です。

虹の向こうに見えるのは、夢と希望。

今年の目標、実現したいことが少しずつ形となって表れてくる予兆です。

これから夏にかけて、夕立の後に多く見られます。

楽しみですね。

さあ、心晴れやかに、今日もまいりましょう。

皆様、今日もすべては完璧、大成就でありますように。

行ってらっしゃいませ。

虹

 

Apr 9, 2016

【七十二候から】14 「鴻雁北へかえる(がん きたへかえる)」

【七十二候から】14

鴻雁北へかえる(がん きたへかえる)」

皆様、おはようございます。

今日は、清明の次候鴻雁(がん)が北へ帰る日。

私の郷里宮城では稲刈りで落穂などが残る田んぼにマガンがよくやってきています。

彼らもそろそろ寒い国シベリアへ帰る季節なのですね。

「雁風呂(がんぶろ)」というのをご存知ですか。

青森県津軽地方の民話です。

雁は長い道のりを超えて日本にやってきます。

小枝を海面に浮かべて休むために、

雁は小枝をくわえて渡ってきます。雁が日本にやってくるのは、長い道のりを超えて。

彼らは海面に小枝を浮かべてひと休み。

そのために雁は小枝をくわえて海を渡ってきます。

そして、次の春に帰るときにその小枝を再びくわえて帰ります。

ところが、そのまま命を落としてしまった雁の小枝が浜辺に残っているのです。

浜の人が北国へ帰れなかった雁を不憫に思い、供養のために、その枝で焚いたお風呂を旅人にふるまったということです。

じんわりと・・きますね・・・。

雁たちよ。

また秋になったら、日本に、ここに戻ってきてね。

待ってるよ~~。

皆様、週末もすべては完璧、大成就でありますように。

マガンの親子

 

Apr 4, 2016

【七十二候から】13 「玄鳥至る(つばめきたる)」

【七十二候から】13

「玄鳥至る(つばめきたる)」

皆様、おはようございます。

今日は、三月節「清明」の日。

沖縄ではご馳走を作ってお祝いをするそうですね。

すべてのものが清らかで生き生きとし、

若葉が萌え、花が咲き、鳥が歌い、命が輝く季節。

そして春の使者、

つばめが海を渡って南からやってくる頃です。

つばめはまた同じ巣に戻ってきてくれるでしょうか・・。

東京は静かな雨が降っていますが、

今宵の桜舟を楽しみたいと思います。

皆様も、今週もすべては完璧、大成就でありますように。

行ってらっしゃ~い。

月島からの桜の眺め

 

1 2 3 4 5 6 7 8 13