和のたしな美ぶろぐ
Jun 27, 2017

水路交通から陸路交通へ

月島って、どこにあるんだろうか。

上京してきた二十歳前後の私はそれまで月島という地名を聞いたことがありませんでした。
 
八丈島とか、どこか遠くにあるのかな。
 
船で通勤してくるのだろうか・・。大変だなあと思ったものです。
 

月島は明治25年(1892)に月島の渡しが設けられ、昭和15年(1940)に勝鬨橋の開通に伴って、渡し舟は廃止されました。

.

 
.
 
 
 
昭和63年(1988)に営団地下鉄有楽町線月島駅が開通した時には、本当に画期的でした。
 
この開通の日が来るのを首を長くして待っていたものです。
 
それまで都バスまたは日比谷線築地駅まで歩いて行って、地下鉄に乗って職場まで行っていたものですから、
 
それは本当に嬉しい出来事だったのです。
 
その後平成12年(2000)に都営地下鉄大江戸線月島駅の開通によって、飛躍的に月島駅を利用する乗客が増えました。
人の流れが大きく変わったことを実感しました。
 
知らない人が路地を行き来するようにもなり、ちょっと怖いなあと思うこともありました。
 
でも、路地に入ると、住まいは静かなのです。このサロンを訪れる方々も皆さんそうおっしゃいます。
 

江戸時代から続いた佃の渡しも、昭和39年(1964)に佃大橋の開通に伴って廃止されました。

.

 
.
 
.
 
 
 
江戸時代の交通の屋台骨であった水路交通から、橋を利用する陸路の交通へと、
 

ここ佃島、月島はまさに実生活に直結した形で交通手段が変貌してきた土地なのです。

.

 
 

 

Jun 26, 2017

わが町月島〜築島125周年〜

10年前にNHKで朝の連続テレビ小説『瞳』が放映されました。
 
「月島が出てるねえ」
「懐かしいねえ」と、
 
あの頃は母や親戚から電話がかかってきたものです。
 
しかも、瞳ちゃんの住んでいたところは、我がサロンの辺りという設定でした。
よく観光客に声をかけられたものです。
 
「あの〜、この辺に瞳ちゃんのうちはありませんか」と。
 
あれは架空の番地だったのです。
 
佃島の住吉さんのお祭りはここ月島でも相当の熱の入れようです。
 
3年に一度の熱く熱く燃える夏です。
 
ドラマの中でも八角神輿を担ぐ威勢の良さが描かれていました。
 

命がけの神輿担ぎ。

.

 

.
家康の時代に、摂津国佃村から森孫右衛門一族と漁民33名がやってきたのが佃島造成の始まりです。
 
海の神様として漁師の信仰を集めた住吉の社から分祀されたのが住吉神社です。
 

歌川広重の江戸名所百景「佃しま住吉乃祭」にも住吉神社の祭礼の幟が描かれているほど、歴史のあるお祭りです。

.

 

.
月島は明治25年に築島され、今年で125年目を迎えます。
 
今この月島も大きな変貌を遂げようとしています。
 
それは中央区の再開発の大波です。
 
関東大震災後に建てられた長屋と路地は、
 
東京大空襲にも遭わずに、奇跡的に残っている町並みです。
 
京都の町並みのように、碁盤の目状になっているところは、日本広しといえども、京都と月島しか存在しないといいます。
 

消えゆくこの町並みを、今「路地文化継承」という視点から改めて考え直してみたいと思います。

.

 

 

Jun 25, 2017

6/24 和の月さろん「衣礼と江戸文化」第二回

昨日の『和の月さろん』(衣礼と江戸文化)第二回

本当に最後まで盛り上がりましたね。
ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

純庵先生の江戸話、面白かったですね〜〜!!

家康公が白魚大好きだったとは。佃と月島のお話。
江戸の繁華街、浅草と両国のお話、そして歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」のお話と役者の屋号。
まあ、話題は多岐にわたり、面白おかしく、笑いの渦でした。

明治時代に築かれた月島は、江戸の街並みを残す佃島の風情を長屋と路地に残しています。
月島の路地文化、この街を文化遺産にしようではありませんか。
議員さんも駆けつけてくださいました。
ありがたいですねえ。

梅田さんの桑茶クッキー、酵素ドリンクにアロマオイル満載の「心身養生香座」。美味しく、リフレッシュ。

菅谷さんの進化する着装の実践「3分間着物」もお見事でした。

懇親会も食べきれないほどの魚仁のお料理などなど。
お買い物してくださった皆様、ありがとうございました。

次回は7月29日の浴衣で楽しむ隅田川花火大会です。
どうぞお楽しみに〜〜!!

 

 

May 31, 2017

5/31 リメイク講座〜「うさぎ」

仁後圭音子講師のご指導の下、可愛い「うさぎ」が出来上がりました。
仁後講師、どうもありがとうございました。
ご参加くださいました 皆様、どうもありがとうございました。
また一つ、吊るし雛が完成しました。

「うさぎ」のいわれ
☆兎(うさぎ)
赤い目に魔除けと護身(病気を退治できる)の霊力があるとされています。
優しく素直で言い争いをすることはせず、「芯のある優しい人になれる」との言い伝えがあります。

子どもへこの思いを託すのはもちろんですが、
大人も、このような人でありたいものですね。

.

.

 

自分でひと針ひと針仕上げると、やはり愛着もひとしおですね。
仁後講師からは、皇居清掃のご奉仕のお土産の菊の御紋章入り和三盆をいただき、楽しいお話を伺い、幸せのおすそ分けをしていただきました。
天皇皇后両陛下にお目にかかれる幸せを、仁後講師と高橋さんから分けていただきました。
とてもよい講座となりました。

皆様のご協力のおかげです。
この和のたしな美庵も喜んでいると思います。
感謝申し上げます。

次回は、
6月28日(水)13:00〜15:30

吊るし雛にもなる
「フクロウ」「赤ちゃん」など、
その中の一つを作りましょう。

 

May 28, 2017

5/28 和の月さろん「衣礼と江戸文化」第一回

一般社団法人和の国の円純庵先生と黒田恵未さんをお迎えしまして、
今般から新しく「和の月さろん」と題しまして、
日本の伝統文化を「知る・学ぶ・楽しむ」を繻子とする会を開催してまいります。

内容としては、日本の歴史、思想、伝統芸能、伝統工芸、日本の衣装などについて学んでまいります。

円純庵先生の江戸文化のお話は大変面白く興味が湧き上がる内容となっています。

本日の内容は以下のとおりです。

第一部
衣礼「子供に伝える礼を親が学ぶ」(担当 宮本・島)

*子供に教えたい行儀作法をまずは親が学びましょう。
 挨拶やお辞儀の教え方・言葉使い・着物を着た時の仕草(親)
 
*日本初の礼服「聖徳太子の知恵 冠衣十二階制とは」(担当 宮本)

休憩
茶菓子「桑茶」(糖尿病に効果あり)(ご担当 純庵先生)

第二部
江戸文化講座「江戸の町 運河と道」家康の知恵 (ご担当 純庵先生)

*家康の画期的な都市計画 世界に類を見ない運河や街、そして街道。
 江戸の街並みを造る為の知恵とそこに生まれた職業などの純庵面白話。

.

*今回はご参加くださいました皆様に、初回特典としまして、
被災地の一本松芯入り御守を差し上げました。


.

二次会は、もんじゃを食べながらの楽しい懇親会となりました。

どの方々も、それぞれの講座が興味深く、純庵先生のお話も楽しく、次回も参加したいというご感想でした。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

次回は、6月24日(土)14:00〜15:00
その後、お刺身で定評のある魚仁から取り寄せたものでの二次会を企画しております。

お気軽においでください。
お待ちしております。

 

May 23, 2017

5/23 美と若さのための足ゆび健康講座

本日は、 足形と履物の研究家でいらっしゃる漆山 義則 講師ご指導による足ゆび健康講座を行いました。

いつも漆山講師お手製のパネルをご用意され、分かりやすく説明くださいます。
今回もやさしい言葉で表現した新しいパネルで、楽しくお話いただきました。

「日本人はつま先から」「つま先に力がなければならない」など、また原点に戻るお言葉でした。
.

 

 

皆さんも、足ゆびの大切さを是非認識してくださいね。
お茶のお稽古での立ち座りも、足ゆびの強さです。
何よりも、全身の血行を促し、肌つやが良くなるということですので、これは見逃せませんね。
.

 


.

☆古い着物から布草履を作ってみたい方、
かねがね漆山講師にお願いしていましたが、いよいよ実現しそうです。
ご一緒に作ってみませんか。

次回講座日など、追ってお知らせいたします。

 

Apr 26, 2017

4/26 リメイク講座〜「ご祝儀袋入れ」「兜」

仁後圭音子講師、今日はありがとうございました。
お世話になりました。いろいろな製作のご指導、お疲れ様でした。

本日ご参加くださいました皆様、
どうもありがとうございました。

岡本さんからのおはぎと柏餅、美味しかったですね〜!
ごちそうさまでした。
田中さん、体調が回復されて、月島までおいでくださり、ありがとうございました。

**********

今日は、3人がご祝儀袋入れを製作、
お一人が三角と兜を製作しました。

それぞれ、立派に素晴らしい作品に仕上がりました。
(パチパチパチ♪)

写真をご覧くださいませ。

.

 

「兜」
端午の節句にちなんで、男の子が元気で勇猛果敢に育ちますようにとの願いを込めています。

「三角、三角火打(さんかくひうち)」
昔、「薬袋」はすべての三角の形をしていたということです。
この「三角」の形に、病気に無縁でありますようにとの願いが込められています。
不運が起こらないように祈るお祓いとしての意味もあるのですね。

.

仁後講師の吊るし雛も見事です。

いつか、このように吊るせる日がくることを願っています。

*********

次回は、5月31日(水)13:00〜15:30の予定です。

 

Mar 31, 2017

江戸の桜餅の始まりは

おはようございます。

 

「桜餅」の起源を見てみましょう。

 

江戸時代、五代将軍綱吉の時世、元禄4年(1691 )、

向島の長命寺の寺男として住み込みを始めた山本新六さん。

 

 

享保2年(1717)の八代将軍吉宗の時世になったころ、

(この年は、大岡越前守忠相が江戸南町奉行になった年です。)

長命寺で門番をしながら、毎日毎日向島堤の桜の落ち葉の掃除に手を焼いていたそうです。

この桜の葉っぱを何かに使えないものかと思案した挙げ句、考えついたのが桜の葉の塩漬けでした。

 

小麦粉を溶いて、薄い鉄板の上にのばして、白焼きを作り、

その中に小豆のこしあんを包んで二つ折りにして、

更にその上からこの塩漬けの葉で包みました。

 

これが「桜餅」として売られたのです。

 

錦絵江戸名所百人美人お豊さん

錦絵 江戸名所百人美人

描かれている娘は、初代新六の孫娘お豊さん。

 

 

 

1日700個以上売れたそうです。

お花見の時期だけで、一年分の収入を上げたといわれます。

 

その評判たるや、江戸中に広まったのですね。

 

将軍吉宗が隅田川堤や品川御殿山などに桜を植えさせましたから、庶民は隅田川堤は花見の宴をここで大いに楽しむことができました。

裏長屋の熊さん、はっつぁんも、ご近所総出で花見に隅田川堤まで出向いて楽しんだことでしょう。

 

 

桜餅

 

 

隅田川堤の桜を愛でながら、川に向って塩漬けの葉っぱにくるまれた桜餅を食べるのがおつなものとされました。

 

関西のもち米で作る俵型の「道明寺」と区別するために、

関東の桜餅として「長命寺桜もち」ともいわれます。

長命寺の桜餅

.

 

道明寺

 

もうすぐ満開の桜を楽しめますね。

『和のたしな美塾』では、

3月31日と4月5日に、風流舟で味わう桜見の会を企画しています。

川面から眺める桜を堪能したいと思っています。

皆様も今日も佳き一日をお過ごしくださいませ。

 

 

028

Posted in 和のたしな美ぶろぐ, 食文化の今昔Comments Closed 

 

Feb 26, 2017

おもてなしの言葉8「しばしお待ちください」

「しばしお待ちください」

「しばしお待ちを」

相対的な時間のことを言いますが、

耳にする言葉ではありますが、なかなか普段は使わなくなりました。

この言葉は古くから使われてきた言葉のようです。

********

天津風(あまつかぜ) 雲の通ひ路(かよひじ) 吹き閉ぢよ

   をとめの姿 しばしとどめむ

と、百人一首にあります。

古今和歌集におさめられた僧正遍照作の一首です。

天を吹く風よ、天女たちが帰っていく雲の中の通り道を吹き閉ざしてくれ。

乙女たちの美しい舞姿を、もうしばらく地上に留めておきたいのだ。

新嘗祭(にいなめさい)の翌日、

「豊明節会(とよのあかりのせちえ)」の宴の後に舞楽を舞う5人の公家の娘たちを天女に見立てているのです。

ああ、もうしばらくこの美しい乙女たちの舞姿をみていたいという思いですね。

 

********

「しばし」という言葉がこの和歌が作られた平安時代の貞観11年(869)に使われています。

この時代から、今までずっと同じ意味で使われているのですね。

「しばしの別れ」

「しばし待て」

などちょっと古風な感じがしますが、

.

お客様をお待たせしているとき、

「しばしお待ちください」

「しばしお待ちを」

結婚式場やパーティーの席上で、

「しばしご歓談くださいませ。」

 

なんて言えたら、慌ただしさの中にも古風な落ち着きを相手の方に感じさせますね。

時間の感覚はそれぞれ、その時々によって違うものですが、

じゃあ、少しお待ちしましょうか、という心和やかな心持ちになりますね。

ちょっと意識して使ってみてはいかがでしょうか。

.

      (参考:高橋こうじ著『日本の大和言葉を美しく話す』)

 

Feb 23, 2017

おもてなしの言葉7「ことほぐ(言祝ぐ)」

「新郎新婦の前途を祝して、乾杯〜!」

「祝して」という言葉が私は大好きです。

ご祝儀舞踊の歌詞にも、この言葉がよく使われます。

 

日常に使いなれた言葉「祝う」をさらに高めた言葉が

「ことほぐ(言祝ぐ・寿ぐ)」です。

古代日本では、祝いの言葉を述べる事を「ことほぐ(言祝ぐ)」といい、

「こと」は「言」、「ほぐ」は動詞「祝く(ほく)」を意味します

これは、もともとは漢字の「寿詞や寿賀」に由来したもので、

「ことほぐ(言祝ぐ)」を「寿」の訓としましたので、

「言祝ぐ」とも「寿ぐ」とも書くようになったのです。

.

 

この言葉には、

 言葉を口にすることによって、幸福を招き入れるという言霊思想が宿っています。

 

平安時代以降、「ことほく」から「寿ぐ・言祝ぐ(ことほぐ)」や「寿く(ことぶく)」ともいうようになり、

「ことぶく」の連用形が名詞化して「寿(ことぶき)」になったということです。

 

「ことほぐ(言祝ぐ・寿ぐ)」には、

 おめでたい言葉を口にすると、本当に幸せが訪れると、

そういう先人の思いが込められていたのです。

 

梅の花や河津桜は満開を迎えて、

「春の訪れを言祝ぐ」

結婚式で、新郎新婦に対して、

「ご結婚を言祝ぎ、舞をひとさし・・・」

.

.

日本は発する言葉に特別の力があるとして、言葉を大切にしてきた国です。

美しい言葉、相手にも心地よい言葉、自分にもポジティブに語りかける言葉は

相手も自分も癒され、新たなエネルギーの交歓が生まれますね。

.

この「ことほぐ(言祝ぐ・寿ぐ)」にも、

相手に対する末広がりの幸福や長寿が現実のものとして叶いますようにと願う、

そんな優しい思いが込められていることを覚えておいてくださいね。

.

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 48