【七十二候から】43 「草露白し」

【七十二候から】43

「草露白し(くさつゆしろし)」

皆様、おはようございます。

今日は二十四節気のうちの「白露」。

白露は、大気が冷えてきて露を結ぶ頃です。

ようやく残暑が引いていき、本格的な秋の訪れですね。

道草に降りた露が白く光って見えます。

忙しい日常の中で、そのような草を愛でるゆとりがほしいものです。

.

.

今では忘れがちな「重陽の節句」。

「菊の節句」ともいわれます。

9月9日は「9」が重なるところから、「重陽」としてお祝いしました。

どうも現代の暦では、ピンとこないのが菊の節句。

旧暦の9月9日は、今年は、新暦で10月28日になります。

なるほど、此の頃なら、菊も咲いていますね。

.

菊が咲くこの時期、菊の香りを楽しむのもいいですね。

菊は、仙境に咲く花と考えられました。

平安時代、宮中では「菊酒」を酌み交わす行事が行われたそうです。

「菊酒」を飲んで、邪気を払い、長寿を願ったのですね。
.

.

重陽の節句の前日に、こんなこともしました。

「菊被綿(きくのきせわた)」です。

この重陽の節句の前日に、菊に綿をかぶせて香りを移し、

翌朝、露に湿った綿で顔や身体を拭いて、邪気を払いました。

枕草子や源氏物語にも「菊水」などの言葉が出ています。

優雅ですね。

菊はそんなに香り立つものだったかなあ・・と思いますね。

.

いろいろなところで菊の品評会や菊人形展が開催されます。

長崎では、9月9日を「お九日(くんち)」として、

旧暦の日に収穫祭と習合して「長崎くんち」でお祝いするそうです。

季節を肌で感じる様々な行事。
.

.

自然現象から実際の体験を通して知る「暗黙知(あんもくち)」。

江戸の人が子どもの教育にも大切にしたことです。

今こそ子どもたちに体験してほしいですね。